Powered by Six Apart

« ラインアンプって? | メイン | 真空管ラジオ ミニチュア管の小型スーパー  6LM8,3AV6   実装した。 »

2015年12月 5日 (土)

真空管ラジオ ミニチュア管の小型スーパー  6LM8,3AV6 その1

スタグフレーションの言葉が、政府筋からようやく出て来た。

もともと、「アベノミクスはスタグフレーションになる」と識者が申していた通りに、

スタグフレーションが進行中の日本です。

連戦連勝だが本土空爆が増えた昭和の頃のような、大本営発表を思い出しますね。

*********************************

022

*********************************

①ヘテロダイン式ラジオ。

②球数は少なく。

③小型

の3点で考えた。

まず、IFTを使うので、三菱のものを開けてみた。

017

表記1次側が天側なので、表記とは逆に使う。これにより、帰還発振しにくくなる。

IFTの取り付け向きは、これを参照。

NPOラジオ少年の「1RW-DX」と同じサイズで組み上げてみようと想う。横150mmx奥100mmサイズ。

ダメならサイズを上げて造れば良いだけのこと。

★局発+IF増幅+検波+AF1段の2球スーパーを考えていたが、

弱電界なオイラの環境でラジオ聴くには、もう1球使った方がしっかり聴こえる。

電源トランスが小型なので、プレート電流が少ない電圧増幅管を追加した。

★3球スーパーなので「NPOラジオ少年の3S-STD」に構成は似ている。

 本機は、複合管にIF増幅とAF終段の機能を割り当てた。

018

プレート電流が少ない電圧増幅管では、6AV6が有名。0.3mA程度流せば足りる球。

しかし、YAHOOを見ると人気球で高価になってきている。この球は、前記のように接地すべきヒーターピンが定まっている。トランスレスラジオで12AV6の接地ピン番号が定まっている理由は、データシートを見れば判る。

019

不人気の3AV6と3BE6を使ってみる。 ブーン音で苦しいならば、6AV6,6BE6に換装する。

IFとAF終段には複合管6LM8を使う。

180V印加で6LM8の3極部も1W近くでるので、音量としてはOKだと想う。

まあ、サイババと違ってオイラは、思念しても実体化できる能力がないので、

実践しながら思考する。

ヒーター合計が定格を5%ほど超えそうだが、真空管のばらつきはデータシート通りなので選別品を使って定格内に収めることも可能。 電源トランスメーカーの設計マージンが5%はあるだろうと、FA設計屋のオイラは思ってこのままトライ。

足らない時には、考え直す。

020

AF段の信号ラインが行き戻りするが、まあトライ。

★電流目標として、

3BE6の電流8mA

6LM8のPEN 電流6mA

3AV6の電流 0.5mA

6LM8のTRI  電流6mA

ならばBT-0Vで丁度になる。

★3AV6の2極部を使うと信号ラインが30mmほど長くなり、感度低下が充分予想されるので1n60のダイオード検波にする。

★同調性を考えると、バリコンにプーリーが必要になってくる。あるいは微調整用バリコンで逃げるか何か必要。

★7極管の電流を絞りすぎると「挙動が奇怪しくなる」のは過去に体験済みなので、塩梅を見つけられるかナ?

********************************

続く

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://app.dcnblog.jp/t/trackback/549708/33669967

真空管ラジオ ミニチュア管の小型スーパー  6LM8,3AV6 その1を参照しているブログ:

コメント

コメントを投稿

コメントは記事の投稿者が承認するまで表示されません。

ウェブページ

カテゴリ