Powered by Six Apart

« 5球真空管ラジオの改造製作 その1 届いた。 Felip | メイン | 「技術を売り渡す」 のは、超大手 »

2015年12月30日 (水)

Felip 5球真空管ラジオの改造製作(IF2段化) その2 ペイント

半導体cxa1619は ボボ発振中。if455のモードで発振中。

原因はまだ判らず。捏ね繰りまわしてもパターンが剥離するだけなので思案中。


YouTube: 【blossomole】TVCM ブロッサモーレ「花嫁修業 炊事篇」

*****************************

昨日のハンドメイドラジオの続きです。

①錆が表面に出ていたので、錆で盛り上がった処は落してからペイントした。

ホルツのスプレー缶。toyotaの△△が一番近い色に見えたので、ホームセンターで購入。

(色調の感性は個人差が出る領域)

195

冬季故に45℃で湯煎後、さらっとスプレー。

②バリコンの配置。

196

揉み付け後、穴あけ。取り付け。

電源トランスは穴ピッチが10mm狭いトランスが載っていて、無理矢理つけてあった。ネジは外に曲がっていた。

手持ちのトランスにした。

198

手持ちトランスの+Bが不明。 300Vは出ないと想うが、通電せにゃわからん。

6Z-DH3はブーン音の小さい側のヒーターピンを接地。

199

③IFTをあけて、確認。

回り込み発振しにくい向きに取り付ける。⇒IFT 向き

200

④母線をはる。

201

202

idler pulleyが必要?

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://app.dcnblog.jp/t/trackback/549708/33697305

Felip 5球真空管ラジオの改造製作(IF2段化) その2 ペイントを参照しているブログ:

コメント

コメントを投稿

コメントは記事の投稿者が承認するまで表示されません。

ウェブページ

カテゴリ