Powered by Six Apart

« | メイン | Felip 5球真空管ラジオの改造製作(IF2段化) その2 ペイント »

2015年12月29日 (火)

5球真空管ラジオの改造製作 その1 届いた。 Felip

半導体cxa1619は ボボ発振中。if455のモードで発振中。

原因はまだ判らず。


YouTube: 【blossomole】TVCM ブロッサモーレ「花嫁修業 掃除篇」

**************************

ラジオ黄金期のハンドメイドラジオのbrokenが届いた。シャーシ、外装ありなので自作と呼ぶには苦しいね。

C同調IFTなので中々渋いチョイスされたラジオ。

185

電源トランスは+300V、60mA。

oscコイルはstar,そのまま使おうと想う。

186

信英通信のコンデンサーか、、。

先日もカルテルであげられたばかりやん。

同じオーナーのルビコンエンジニアリングも公正取引委員会で上げられている。

下請けに不当な値引きをさせたFA会社としてルビコンエンジニアリングは有名になった。相手先の多さからみて、担当の裁量ではないね。

会社の外からみて、いわゆるブラックでOKだと想う。「行政が動くほどだ」って理解をオイラは新聞沙汰になった時にした。

★25年前。

装置打ち合わせにルビコンに幾度と通ったが、「打ち合わせで下請けのアイディアを聞き出して、子会社(ルビコンエンジ)で装置製作」の流れが多いと周囲から事前に聞いていたが、 矢張り色々と聞き出そうとしてくる。部長さんまで出席していたので、よほどの懸案だと言うのは判った。

受注できるかどうか未定段階では、アイデイア核心部は教えられないよ。

周囲のアドバイスを聞いていて良かったと想った。

★現在は改善されているかも知れんが、平成22年の新聞沙汰を知るや、

「やはりなあ」と想った。

★弱い立場の下請けを苛める会社の商品は買えないね。オイラはイジメに加担はしない。

******************************

★ニチコンにも幾度も納めた。ニチコンは紳士だ。

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://app.dcnblog.jp/t/trackback/549708/33696497

5球真空管ラジオの改造製作 その1 届いた。 Felipを参照しているブログ:

コメント

コメントを投稿

コメントは記事の投稿者が承認するまで表示されません。

ウェブページ

カテゴリ