Powered by Six Apart

« | メイン | ヒューズホルダーの取り付け »

2015年12月27日 (日)

日立の真空管ラジオ  3バンド  メンテ終了

組織委副会長のトヨタ社長の辞任

面子に拘るヒトには、未来永劫に渡って「何故 辞めたのか?」理解できないね。

恐らく上級国民には、彼の心の内は読めないね。

名誉を捨て去るに値する「腐った組織」ってことだよ。

**********************************

このラジオの修理記です。

12AJ7周辺の部品は換装した。

163

換装中にBC帯のアンテナコイルを切ってしまった。やはり不器用や。

161

補修した。

162

①短波帯は3.6~12.4Mhz

 

165

164

②BCは520~1630Khz.

166

③fm帯は77.7~88.4Mhzにした。

オイラの環境では78.1Mhzの民放fmが聴こえれば下側はok

167

168

以上、終了。

sp端のブーン音は5mV.(OUTトランスの特性にも依存する)

169

************************************

12月29日 追記

間違い防止にテプラ貼り。スピーカーも修復して、本来のOUTトランス載せた。

181

SP端でのVTVM読みは4mV.

182

トランスレスラジオにしては低い数字。

更にブーン音を3mV程度まで下げた⇒記事

*********************************

田舎住まいのオイラは還暦までまだ遠い。

年金を払う側の立場や。

趣味のラジオ造りは 帰宅後の夜 or 休日にする。

2015年は、それでも36台ほどは真空管スーパー(1月~10月初旬)を造れた。加えてメーカー製ラジオも13台ほど直した。

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://app.dcnblog.jp/t/trackback/549708/33694785

日立の真空管ラジオ  3バンド  メンテ終了を参照しているブログ:

コメント

コメントを投稿

コメントは記事の投稿者が承認するまで表示されません。

ウェブページ

カテゴリ