Powered by Six Apart

« 自作 中波帯 ST管式AMワイヤレスマイク 3号機  通電した。6E5 電圧増幅。 | メイン | メンテナンス トライアンプ TRIO AF-10 前期モデル    カバーして修理終了 »

2015年11月15日 (日)

トライアンプ TRIO AF-10  FM帯の感度もOK

*************************************

春日無線のAF-10 続きです。

KENWOODの由来は、JA2RM氏のsiteを見てください。

多謝 to  JA2RM

FM放送を受信してみた。


YouTube: FM受信 AF-10 春日無線

AF-10もFM感度が取れた。

6BM8のPP音。 

音がでかくて机が揺れた⇒振動でIFTの同調点が動いた。

次回からは、机が振動しない程度の音量で調整する。

2時間連続で鳴らしたが、異常なし。

FMのIFTのキレ具合をこれからあわせる。

******************************

前期型のAF-10は、 10.7Mhzのifはゲイン過多。

IFTが同相になっているので帰還発振しやすい。(1次と2次の巻き数が違うので、入れ替えは辞めた)

今回は6ba6のsg電圧を40vまで下げている

2nd IFをベタアース⇒カソード抵抗100Ωで接地に換えた。これでゲインが適正になった。(後発のAF-22ではカソード抵抗が入っている)

10.7 1st IFTのCが足らず10.7Mhzまで下がらない。 ⇒3PFを パラした。

★当初あった、ボボボ発振もクリアしたし、FM帯のIF発振もクリアした。

使えるAF-10になった。

トライアンプAF-10, AF-20と2台は 稼動中。

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://app.dcnblog.jp/t/trackback/549708/33645023

トライアンプ TRIO AF-10  FM帯の感度もOKを参照しているブログ:

コメント

コメントを投稿

コメントは記事の投稿者が承認するまで表示されません。

ウェブページ

カテゴリ