Powered by Six Apart

« 6C5 ガラス管  11月20日 | メイン | ラジオと音質 »

2015年11月22日 (日)

Heath kit receiver  HR-10B ハムバンド受信機  空けてみた

キットと言えばHeath  kitですね。

お若い方には馴染みが薄いかも知れませんが、

USAの Amateur radioでは、ten-tec,heath kitが結構使われていました。

オイラはswanのrigが好みでした。

今日は、ハムバンド受信機 HR-10Bのメンテナンスを始めました。ここに詳細情報があります。

081

Lattice-type crystal filterが特徴。

082

錆が浮いている。 油性の汚れが載っている。

GTソケットに載る球がないが、何を載せればよいのだろう、、。

回路をみたら、accessoryになっていた。

gtプラグの手持ちがないので、調達する。

083

さらっと磨いた。 鉄シャーシーにしてはかなり柔らかい。 この金属は何だろう。日本国ではここまで柔らかい板金モノは遭遇したことがない。磁石には着くがあからさまに弱い。

サンドペーパーを1回掛けたら、球名の刻印がきれいに消える柔らかさ。

ツマミはベーク棒軸になっていない。

084

ブロックコンは回避されていた。

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://app.dcnblog.jp/t/trackback/549708/33657133

Heath kit receiver  HR-10B ハムバンド受信機  空けてみたを参照しているブログ:

コメント

コメントを投稿

コメントは記事の投稿者が承認するまで表示されません。

ウェブページ

カテゴリ