ラジオ系情報

Powered by Six Apart

« 6E 2 マジックアイ 4号機 | メイン | 複合管 6AQ7  真空管ラジオ GT管 5球スーパー 11号機 通電した。 »

2015年7月20日 (月)

複合管 6AQ7  真空管ラジオ GT管 5球スーパー 11号機

B0033699_17472720

 

 

平民よりも

財界、団体、業界のことを優先する政を続けてきた日本。

キックバックがあるから政治屋を辞められない。

キックバックがあるから世襲で納金構造を守る。

USAからの献金が発覚したロッキード疑獄。

ヒトは学習するから、田中角栄氏の失敗から学んでいる。

それゆえ、お金の動きは報道されない。

7月24日追記

兵器購入の約束があるらしいな。「5年間で30兆円」とかの数字まで挙がっている。

手数料を1%としても3000億円は、、。

やはり己の銭のために、平民を騙すことが生業らしい。

*********************************

マジックアイを充分に開閉させるのは、IFTの出来具合に依拠する処が大きい。

前記事のようにAVC電圧が上がってこないIFTも存在した。

経験上、Hi-L,LOW-Cの方がAVC電圧がしっかりと掛かる。

★GT管のラジオです。

SHARPのIFTを使う。シャープさんの性能は悪くない。松下より良好。

IFTの向きには注意。帰還発振しにくい向きにする

061

今回は、5球スーパーで標準に行なわれている「1st IFのSG抵抗と OSC球のSG抵抗を共用」させる。 IF球を至って軽く使う方向になる。(電源トランスが小さめの時には効果的)

062

1st IF球のカソード抵抗は680~1KΩにして、ゲインが少ない方向で使う。

バイパスコンはゲイン過多で使えない。

2nd IFのSG電圧は30~40Vと低い電圧で使い、カソード抵抗も470Ω程度になる。バイパスコンはゲイン過多で使えない。

IF段のSG電圧は+Bから470KΩ~1MΩで造っているが、ツェナーで36Vを造ってもOK.

あまりにもSG電圧を下げると音色が奇怪しくなるので判る。30Vを割り込まないほうが良いと想う。

063

複合管の6AQ7にした。

双2極部のカソードがあるので、6SQ7とは構造が違う。

音はこの6AQ7の方が良い。電子はカソード側から飛んでいくので「2極部のカソードがある」

ことはやはり大きい。

ガラスの6C5,6H6の入手性が悪くなっているので、複合管6AQ7,6SQ7の出番が多い。

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://app.dcnblog.jp/t/trackback/549708/33480029

複合管 6AQ7  真空管ラジオ GT管 5球スーパー 11号機を参照しているブログ:

コメント

コメントを投稿

コメントは記事の投稿者が承認するまで表示されません。

ウェブページ

カテゴリ