Powered by Six Apart

« 検波管 6H6   6球スーパー5号機 | メイン | GT6球スーパー5号機 »

2015年7月28日 (火)

検波管 6H6  通電した。GT 6球スーパー5号機

*****************************

C同調IFTの穴が悪さをしていた。 穴からIF信号が回っていた。

1st IFT⇔2nd IFTの距離をもう10mm~20mmとればC同調でよかったはず。油断した。

IFTを換えた。

074

075

波形も普通。 

電源トランス容量が大きい。9~10球鳴らせると想う。

IF段は、

SG抵抗に1MΩを吊り下げてSG電圧を40V近傍にさせ、軽い動作させている。

スピーカーとLCD表示をつければ終了になる。ガラスの6H6を球箱から探してみよう。

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://app.dcnblog.jp/t/trackback/549708/33491425

検波管 6H6  通電した。GT 6球スーパー5号機を参照しているブログ:

コメント

コメントを投稿

コメントは記事の投稿者が承認するまで表示されません。

ウェブページ

カテゴリ