ラジオ系情報

Powered by Six Apart

« ナショナルラジオのメンテナンス。その1  UA-625 真空管 | メイン | 今日届いた。6SK7。 »

2015年4月12日 (日)

真空管ラジオの製作。  IFTはTRIO製。  


今日は良い天気だった。

明日は又涼しいらしい。

Img_18

******************************

ナショナルのラジオは、サランネットの到着待ちなので、


真空管ラジオを造ってみた。

IFTはTRIO製。 先般のTRIO IFTラジオはQSYして行ったので

2回目のTRIO IFTになる。

030

「P-B表記」が地側なので、松下やシャープと同じだ。

COSMOSやSTARのIFTは「P-B表記」が天側なのは、過去の記事参照

それゆえに、信号が回り込まない向きにIFTを配置する。

032

VRを1個予備で配置した。 

のちのちIFゲインコントロール或いは周波数の微調整用を追加できる。

033

テストループで信号を飛ばしてトラッキング中。

031

034

6SA7⇒6SK7⇒6SD7⇒6H6⇒6J5⇒6V6

035

検波段のAVCと信号ラインは別々。その方が音歪みに対して至って有利らしい。(先達の記事)

036

ラジオ的には完成。

いま鳴らしてエージング中。あとはLCDの周波数表示を取り付けて終了。

今回、技術面で得たことはIFT回りのこと。

**********************************

以上、GT管6球スーパーの4号機の製作記でした。

通算で第126作品目。

TOP PAGE

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://app.dcnblog.jp/t/trackback/549708/33236077

真空管ラジオの製作。  IFTはTRIO製。  を参照しているブログ:

コメント

コメントを投稿

コメントは記事の投稿者が承認するまで表示されません。

ウェブページ

カテゴリ