Powered by Six Apart

« 自作 真空管ラジオで 中国製マジックアイ6E2を載せてみた。 その1 | メイン | GT管 6K6 »

2015年4月29日 (水)

自作 真空管ラジオで 中国製マジックアイ 6E2を載せてみた。 その2

24

******************************

マジックアイ6E2ラジオの続きです。

まず、「カウンターへどの程度OSC電圧がかかっているか?」の確認。

097

バンド下限で0.45Vくらい。

095

バンド上限で0.52Vくらい。

096

カウンターICのSPECは、Min0.3v~Max0.7Vなので specのほぼ中央。

IFT調整、トラッキング調整のあと、マジックアイの動作点確認。

取りあえず、無信号時にこのくらいの開き量にした。

099

信号を入れてこの位。

098

もっと閉じもするが、ここに決めた。

100

これで、マジックアイ付ラジオも造った。

ヘテロダイン検波 ⇒6BE6

1st IF ⇒6BD6

2nd IF ⇒6BD6

検波 ⇒6AV6.AVCと信号ラインは別々。

1st AF ⇒6AV6

2nd AF ⇒6AQ5(6AR5)

オイラの環境では、5球スーパーだと放送が聞こえない。

自作ラジオは、IFは2段のラジオ。

IFのゲインコントロールもつけた。1st IFのSG電圧を30V~110Vまで可変。CUT OFFまではさせない。

103

101

*********************

第129番目の製作品。

ラジオつくりの knowhowはここ

TOP PAGE

MAGI EYE

020

007_2

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://app.dcnblog.jp/t/trackback/549708/33371231

自作 真空管ラジオで 中国製マジックアイ 6E2を載せてみた。 その2を参照しているブログ:

コメント

コメントを投稿

コメントは記事の投稿者が承認するまで表示されません。

ウェブページ

カテゴリ