Powered by Six Apart

« メンテナンス 真空管 FM/AMラジオ 松下(ナショナル) RE-760 2号機 磨いた。通電した。 | メイン | GT管5球スーパーラジオ製作 部品載せた  »

2015年3月15日 (日)

真空管ラジオの修理  キット品?。 その7 ケースに入れた。   

折れていた指針は スズメッキ線で作ってみた。

050

通電して鳴らすと音が小さい。 SPの能率があまりよく無いようだ。

もっとIFのゲインを上げると発振するし、苦しい処だ。

で、ダイオード倍電圧検波⇒6CR6検波にかえてみた。

おっと、発振した。IF球を抜いても発振する。

こりゃAF部だけでも発振する配置なのか ??。

5AQ5への+Bの取り出し位置具合で発振することだけは判った。

もうしばくらく掛かる。

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://app.dcnblog.jp/t/trackback/549708/33196985

真空管ラジオの修理  キット品?。 その7 ケースに入れた。   を参照しているブログ:

コメント

コメントを投稿

コメントは記事の投稿者が承認するまで表示されません。

ウェブページ

カテゴリ