Powered by Six Apart

« 5球真空管ラジオの製作  中波・ミニチュア管  IFTはTRIO その3 6CM6 | メイン | メンテナンス 真空管 FM/AMラジオ 松下(ナショナル) RE-760 2号機 磨いた。通電した。 »

2015年3月13日 (金)

5球真空管ラジオの製作  中波・ミニチュア管  IFTはTRIO その4 軽くNFB

続きです。

軽くNFBを掛けてAF部のゲインを下げた。

042

AF部は、6DK6(3極管接続)⇒6CM6。

このNON-NFBでのAF部ゲインは、SP端でVTVM計測23dBあった。

オイラが造るラジオのAF部は大体18~20dBのゲインなので、今回はややゲインが大きい。(SP端で計測)

で、軽くNFBさせてゲインを落とし、発振するのを抑えた。

041

「6DK6(3極管接続)⇒6CM6」の音は、6CZ5,6AQ5,6V6とも違う。

6AQ5より良い音がした。6CM6の人気があるのも頷けるナ。

★回路図は、 mt_5tube_6cr6_6cm6.pdfをダウンロード

****************************

以上、製作記事でした。

第122作品目だと想う。 2015年製作の真空管スーパーとしては9台目。

もっぱらLED表示ラジオを自作中だ。

077

TOP PAGE

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://app.dcnblog.jp/t/trackback/549708/33195697

5球真空管ラジオの製作  中波・ミニチュア管  IFTはTRIO その4 軽くNFBを参照しているブログ:

コメント

コメントを投稿

コメントは記事の投稿者が承認するまで表示されません。

ウェブページ

カテゴリ