Powered by Six Apart

« 真空管ラジオのメンテナンス  マツダ(東芝) うぐいす CS | メイン | 真空管ラジオのメンテナンス  マツダ(東芝) うぐいす CS マジックアイ閉じ具合 »

2015年2月28日 (土)

GT管スーパーラジオ製作 6SK7 6SD7 6AQ7 6V6

先日の6SQ7ラジオに続いてGT管ラジオの製作です。

この6SA7は、7個で1000円だった。

091

去年6AQ7ラジオは1台製作したが、今年も6AQ7ラジオを造ってみる。

6SQ7ラジオ製作記にあるように、6SQ7の「流してよい電流上限」が判った。

昨年、6AQ7は6SQ7より多めにIP流したが音面では全く問題なかった。

今回は1.5mA流してみようと想う。

092

この6AQ7は新品未使用。 さて何時手に入れたやら、、??

093

電源トランスが300V OUT。

通電すると常時380V は出てきた。

電圧が高いので、6SA7の適正印加電圧にまでドロップさせる必要がある。

 6.8K抵抗で電圧を下げたら ゆっくりと焼けた。 遠くで匂いだけが漂った。 

ゆっくり焼けてるとは知らずにIFT調整とトラッキングまで出来た。

遠くで匂いだけするので奇怪しいと思い、調整終了後にクンクン嗅いで回った。カラー色が変化しているのに気ついた。

094

セメント5W抵抗にかえて、 平滑回路のRを値をあげた。

3KΩ抵抗で概ね70V降圧させているので 、計算上は5Wタイプで余裕のはず。

095

シルバニアの6AQ7にした。

IFTにはシャープの文字。

096

097

6SA7⇒6SK7⇒6SD7⇒6AQ7⇒6P6(6V6)の構成。

音はやはりGT管の音。

ラジオは聞こえてナンボの世界。 耳よく真空管で音を聞きたい。それゆえIFは2段あるいは3段にしている。 VRをMAX近傍にすると「検波しきれないRF成分が回り込み」するので6V6のゲインは少し下げるつもり。

VRをMAXでSP端でのVTVM値が2V以上針振れる。

製作時のポイントは過去記事参照のこと。

*************************

第121番目の製作品。

スーパーヘテロダインラジオとしては39作目だと想う。

2015年の自作ラジオは、このスーパーからなので、今年の8台目。

追記

周波数表示はLED基板式に進化した。

023

マジックアイも標準にした。自作ラジオの一覧はここ。2018年4月15日時点で通算116台の自作真空管ラジオ製作完了に到達している。

065_2

TOP PAGE

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://app.dcnblog.jp/t/trackback/549708/33180733

GT管スーパーラジオ製作 6SK7 6SD7 6AQ7 6V6 を参照しているブログ:

コメント

コメントを投稿

コメントは記事の投稿者が承認するまで表示されません。

ウェブページ

カテゴリ