Powered by Six Apart

« 真空管ラジオのメンテナンス  マツダ(東芝) うぐいす CS 調整&受信 | メイン | ラジオ用周波数カウンターの取り付け »

2015年1月 4日 (日)

真空管ラジオのメンテナンス  マツダ(東芝) うぐいす CS マジックアイ

続きです。

IFTを外した。 このアルミケースの中央孔から漏れ出る電界が、アンテナコイルに作用する。それゆえに、同相にならないように注意する。

COSMOSのIFTは、同相にならないように考えられている。

もちろんSTARもタマディンもCOSMOS同様に考えられている。

その辺も含めて、COSMOS、STARのIFTは評価が高い。

025

同相にならないように配置しなおした。

026

IFTを調整しなおした。

ついでに2nd  IFについていたダンプ抵抗は撤去した。⇒耳が5dB UPした。

メーカーさんは、もう少し普通に設計してほしい。

★AVC電圧と信号ラインが同じなので、おきまりに音域特性がよく無い。⇒過去の記事

VRに信号を入れてAF部の特性を見た。

①300Hzの波形

027

②3Khzの波形。(VTVMのレンジを2レンジ下げて計測)

028

300Hz⇔3Khzで15dBの差がある。もちろん3khzの音が出ない。

200Hz⇔3Khzでは20dBもの差になる。 

ここにIFTの特性が加味されてくる。

往時はこの特性で満足していたと想う。

AVC回路に手を加えると往時の音ではなくなるので、このまま往時の雰囲気を残す。

(自作ラジオでは、音域特性に注意してつくりましょう)

★通電すると、マジックアイが輝いた。かなり明るいのでやや驚き。

029

SGから信号を入れると閉じる。

030

空芯アンテナなので耳はそれなりだが、

一応受信できたので動画をあげておく。

マツダ かなりあ CS
YouTube: マツダ かなりあ CS

オイラが想うに、IFTをダンプさせて耳を悪くしてあったので

「あまり使われなかった」からマジックアイも光輝いた状態なのだと想う。

アンテナコイルがSWとBC帯で独立していないので、コイル巻数が少ないSW帯の耳が、独立アンテナタイプと比べてよく無い。改造しようにも接点数がなくて無理。メーカーさんは、もう少し普通に設計してほしい。

使わないアンテナコイルは、両端をグランドに落とすのが基本。だから接点数が多くなる。2バンドでも、ANT,OSCで6回路必要になる。

両端が解放だと浮遊容量により同調点がdip meterで確認できる。
例えば高周波チョーク単体でも、同調点が楽に確認できる。

************************************

以上、メンテナンスでした。

TOP PAGE

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://app.dcnblog.jp/t/trackback/549708/33113573

真空管ラジオのメンテナンス  マツダ(東芝) うぐいす CS マジックアイを参照しているブログ:

コメント

コメントを投稿

コメントは記事の投稿者が承認するまで表示されません。

ウェブページ

カテゴリ