ラジオ系情報

多種類リンク

Powered by Six Apart

« 工作はじめました。 | メイン | チューナーの糸掛け »

2014年12月23日 (火)

ラジオはトラッキング調整した

不揃いのIFTは、

ここから剥がしてきて同じ型式で揃えた。

091

092

3時間ほどラジオを鳴らし続けても電源トランスが暖かくならないので、そこそこ電流が取れるようだ。

耳は電圧なりに、普通。 使い慣れたBT-1V(BT-2V)より電圧が高いので、耳は良好。

094

テストループでSG信号を飛ばす。

それを受信して本ラジオのトラッキングをする。6BY6だと耳が良すぎるので6BE6(中国産)にした。

消費電力が少なくて済むように、6BA6のSG電圧は低い。(SG抵抗は510KΩ)

トランスに5Vタップがあるので5AQ5にした。

ヘテロダイン検波 ⇒6BE6

1st IF  ⇒6BA6

2nd IF   ⇒6BD6

1st AF  ⇒6HM5

2nd AF  ⇒5AQ5

SPに接続したVTVMを見ていると

VRmaxで 1.5v程度は、針が振れるので音量出力は充分。

IF3段ラジオには、同じ型式のIFTを取り付けた。

093

追記 2017/06/05

プロ用テストループを所有しているsiteは3つだけだ。

トラッキング調整に使うテストループはJISで規定されている。これは、エンジニアなら知ってる常識。

「トラッキング調整」で検索すると、身勝手な調整が上位にくるのでそれを信じるかたも多いだろう。技術を下げるのに貢献しているsiteが多いね。

0

エンジニアにはmustのtest loop.

***************************

普通のスーパーラジオに仕上がった。

今年の16台目の真空管スーパーラジオ。

つづく

TOP PAGE

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://app.dcnblog.jp/t/trackback/549708/33099639

ラジオはトラッキング調整したを参照しているブログ:

コメント

コメントを投稿

コメントは記事の投稿者が承認するまで表示されません。

ウェブページ

カテゴリ