Powered by Six Apart

« 自作短波真空管ラジオ 3.5Mhz~7.5Mhz | メイン | バーニアから、丸ダイヤル目盛板に換えた »

2014年6月 6日 (金)

自作短波真空管ラジオ 6BQ7,6BA6,6AL5 回路図

続きです。

大方できあがって、IFT段の感度を追いこんで行った。

SG抵抗を交換して通電中に、検波管の6AL5が壊れた。

60Hzのブーン音が突然にスピーカーから聴こえてきた。予兆は無かった。

024

上のように、がんがんとブーン音がsp端で測れた。

025

良品は上のように、いたって静か。

★テプラを貼った。

026

027

028

忘れ易いので回路図を上げて置く。

短波のHバンド専用ラジオ。

029

super_6bq7_sw.pdfをダウンロード

50PFはOSCのG1に結線してください。

微調用バリキャップはのちほど

BFOは止めて、BC帯との2バンド化に変更してみたい気もする。

SGで信号を入れて、耳をアイテックのSR7と比べてみた。

2dB、アイテックの方がよい。

耳はサイテックさんのダイレクトコンバージョンキットが7Mhzでは一番良いけどね。

7極管はノイズが多いので、短波ラジオは3極管でのヘテロダインを薦めます。

*********************

以上、Hバンドの短波ラジオ製作記事でした。

TOP PAGE

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://app.dcnblog.jp/t/trackback/549708/32284925

自作短波真空管ラジオ 6BQ7,6BA6,6AL5 回路図を参照しているブログ:

コメント

コメントを投稿

コメントは記事の投稿者が承認するまで表示されません。

ウェブページ

カテゴリ