Powered by Six Apart

« 4球スーパーラジオ  2号機の製作 その1 (双2極+バリミュー5極のEBF80) | メイン | 4球スーパーラジオ  2号機の製作 その2 (双2極+バリミュー5極のEBF80) »

2014年2月25日 (火)

ナショナルの真空管ラジオ CX-555  2台目を入手した。

1台目のナショナルのCX-555を改造して鳴らしたのは、

去年の12月のこと。⇒記事

この時は、ゲルマダイオード検波(倍電圧)で鳴らした。

ウッドケースの趣きが良かったので、2台目となる要修理品を手にいれた。

「電源が入らない」とのこと。

070

2本割れている。布もかなり汚れている。

071

バリコンがお辞儀をしている。当然、糸は外れている。

072

ブロックコンを撮影してみた。

割れているので、要交換。

★前機は、ダイオード検波にしたが、

本機は6AV6か6AQ6の予定。6AQ6は持っていた記憶。6BT6だったかな?

*********************************

その2

TOP PAGE

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://app.dcnblog.jp/t/trackback/549708/32113443

ナショナルの真空管ラジオ CX-555  2台目を入手した。を参照しているブログ:

コメント

コメントを投稿

コメントは記事の投稿者が承認するまで表示されません。

ウェブページ

カテゴリ