Powered by Six Apart

« 改造中 その2 | メイン | 製作記事では無いですが、、、。 »

2013年10月27日 (日)

「1球+1石」スーパーヘテロダインラジオの製作(実験) その1

6AV6検波の6球スーパーラジオは、電源トランスが届くまで待機です。

*********************************

次製作は、約1.5年振りに中国製IFTを使います。

複合管1球なので、電源は30mAも流せればOKです。

パーツ箱をみたら、このトランスしか手元にありませんでした。

151

電源トランスに、NPOラジオ少年で領布しているBT-2Vを使いました。

バリコンもNPOラジオ少年から購入しました。

ミニチュアの9ピンを1個使います。

★まだ球種は決めてありません。

①6LQ8も面白ろそうですね。

ヒーターで大食いなので、今まで出番がありませんでしたが

3極部で増幅度40程度は取れそうです。

5極部は2万μモーとハイゲインです。

②或は使い慣れた6GH8を考えています。

3極部は6LQ8よりゲインが取れます。

152

★1:3トランスは、音が低域ブーストになるので今回は使わない予定です。 

1:3トランスを用いない分だけ、ゲインが不足するので

TRを1個使います。 TRのゲインとしては30~45dbを予想しています。

★中国製IFTは、「日本産IFTよりサイドの切れがよい」のは皆さんがご存知の通りです。

★バリコンに合うコイルの工夫をこれからします。

完成予定は未定で、本人の努力次第です。

「ゲインがどの程度取れるか?」の実験です。

追記

2013年11月3日

002_2

上手くいかないので、思案中。

2013年12月10日 追記

古書にあるように 自励式3極管での混合は、

heptode管に比べてかなりゲインが取れない。

2011年に実験した結果と変らない。

自励式3極管MIXで中波が聴こえる処に住んでいる方は、幸せだと想う。

他励式MIXでは普通に聴こえた⇒記事

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://app.dcnblog.jp/t/trackback/549708/31921801

「1球+1石」スーパーヘテロダインラジオの製作(実験) その1を参照しているブログ:

コメント

コメントを投稿

コメントは記事の投稿者が承認するまで表示されません。

ウェブページ

カテゴリ