Powered by Six Apart

« COSMOSブランド GT管5球スーパーラジオの 初期回路図   6SA7,6SK7,6SK7,6SQ7,6V6 | メイン | GT管6SA7を使った中波帯 AMワイヤレスマイク その1 »

2013年4月13日 (土)

IF球は6LM8の予定 ⇒ COSMOSブランド 真空管 中・短波 4球ラジオ

TPPによるデメリットが隠されて報道されている日本です。

「上水道等のインフラも売ってカネに換える」ことが議論されはじめましたね。

中華人民共和国の方々が、真っ先に手を挙げて買いにきますね。

ガン保険が外資にしか認可されなった経緯を覚えておられる方も多いでしょうね。

(平等公平では全くありませんね)

郵便制度も解体されたので、次は病院が株式会社化されますね。

「車両ローン」が証券化されて流通している米国ならではの思想で、「なにもかも証券化する」日本にするための「世論誘導」が行なわれはじめてますね。

農協さんも郵便局同様に、TPP導入後に解体されますね。

Bt2awyicyaapklg

**********************************

COSMOSブランドのセミキットを製作しはじめました。
BC帯とSW帯の2BAND 真空管ラジオキットです。
主要パーツだけのキットです。

020

オイラの環境は、民放局(1kw)から30Km離れています。
加えて鉄筋住まいなので、市販ラジオでもよく聞えません。

バーアンテナで受信しないとBC帯は苦しいので、
アンテナコイルは交換予定です。

↓4球仕様です。

021
OSCコイルも、換装しないと感度が取れないことも予想されます。
感度ピークになるように調整ができれば、このままで行きます。

バリコンに特徴があって親子の3連です。

子の小さいのをSW

大きい子をBC帯のOSCに使います。

022
↑VRと6AV6が遠いので、オイラの好みに配置換え予定です。
AF段で2球使うと概ね60db取れるので、 AF発振させないように留意します。

*************************************

↓2バンドのバーアンテナです。 このバーアンテナは、これの購入時についてました。

023

↓IFTの位置は変えてみました。 空芯コイルは撤去予定。

024
↑9ピンソケットには、複合管の6LM8を使う予定です。
5極部は、セミリモートなのでIF段に使ってAVC(AGC)を掛けれますね。
3極部は、バイアス3V付近で使えそうなので、AFの初段にします。
6LM8にトライしてみます。

この6LM8は、YAHOOでも 時々 見かけますね。

有名な球としては6AZ8がありますね。

025

梅雨明けの頃までには、まとめたいですね。

026

予定球は、5915(変換)⇒IFT⇒6BZ6⇒IFT⇒6LM8(PEN)⇒Di(検波)⇒6LM8(TRI)⇒6005。
IFは2段の実質5球スーパー。

********************************************************

検波に6AV6を採用する場合は、、雑誌やWEB上でよく見かけるようなAVC方法だと

音の低域が持ち上がった不自然な音になるので注意が必要です。

6LM8の5極部はセミリモートなので、入力と出力の直線性がありません。リニアティのない5極部をAFに使うと、その結果はわかりますよね。

TOP PAGE

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://app.dcnblog.jp/t/trackback/549708/31399689

IF球は6LM8の予定 ⇒ COSMOSブランド 真空管 中・短波 4球ラジオを参照しているブログ:

コメント

コメントを投稿

コメントは記事の投稿者が承認するまで表示されません。

ウェブページ

カテゴリ