Powered by Six Apart

« 真空管 1球レフレックス ラジオ (6GX7) | メイン | 1球ラジオ 6GH8⇒ 6KE8に差し換え »

2011年11月22日 (火)

真空管 1球ラジオ 6GX7 と 6GH8の リップル波形

2台の真空管 1球レフレックスラジオのリップル波形を比べて見ました。

30

左6GH8⇔右は6GX7

6GX7の方が、波形でみてもリップル少なく見えます。

球の種類差でリップル波形の波高値が異なること」がわかりますね。

概してSPをドライブする球の特性が、リップル波形を左右します。

(SPに近いので当然のことですね)

高周波段はAF段に比較すると影響力は弱いです。

******************************

追記 2012/4/4

レフレックスに再生をかけた1球 真空管 ラジオ もあります。

TOP PAGE

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://app.dcnblog.jp/t/trackback/549708/27488745

真空管 1球ラジオ 6GX7 と 6GH8の リップル波形を参照しているブログ:

コメント

コメントを投稿

コメントは記事の投稿者が承認するまで表示されません。

ウェブページ

カテゴリ