Powered by Six Apart

« 6AB8⇒6EH8に球換え。その1  (ラジオ少年  1RW-DX) | メイン | 3S-STDも球変え(6AB8⇒6EH8) その1 »

2011年9月17日 (土)

6AB8⇒6EH8に球換え。その2  (ラジオ少年  1RW-DX)

朝から半田してます。(ラジオ少年 1RW-DXの球変えです)

gmがそこそこの球に変えただけでは、ゲインupしないので(当然ですね)、、、、。

え~と、

GEの規格表を見ると、

6EH8は、3極部が7500μモー、5極部が6000μモーです。

6U8よりは、数値が良いので期待してます。

カソード抵抗を減らして、バイアスを浅くし、ゲインを稼ぎに行きます。

6EH8のカソード抵抗470Ω値での、R(470Ω)に掛かる電圧↓035

470Ω⇒100Ω⇒75Ωと減ら してきました。↓

036

昨夜より、バルボル1レンジ分 ゲインUPです。

規格表を見ると 2ピンも、7ピンも、バイアス-1Vが標準になっています。

47Ω↓

037

この47Ω時の7ピン⇔1ピンの実測電圧は0.80V。

「ゲインが獲れるバイアス電圧で使う」ことを、学習した朝です。47Ωで作動中。

回路↓(変更箇所のみ記載)

038

バイアスを浅くした6EH8+室内アンテナで なんとか普通に聞えるようになりました。

ガンガンとは、鳴りません。(鉄筋住まい。中波のサテライトから35Km)

もっとモー値のよい複合管が入手できたら、またリポートします。

************************************************************

TOP PAGE

コメント

コメントを投稿

コメントは記事の投稿者が承認するまで表示されません。

ウェブページ

カテゴリ