Powered by Six Apart

« KT-18 FMラジオキット | メイン | LCDオシロ キット  秋月電子 »

2011年8月 2日 (火)

S66D 1000円 TRラジオキット

中国製の安価な6石トランジスタラジオキットです

777円とか980円とかでも現行販売されています。

普通の音としてまともに鳴らすには少し工夫が必要です。

(外部電源で鳴らすと普通の音で使えますが、、、、)

ヘテロダインキットを初めて触る方には、敷居が高いと思います。初キットとしてはお薦めできないです。

バーANTとIFTの距離が近くなっていて、電磁界回り込みがあります.(通常の感度にすると発振するので,あえて感度を下げて使います)。「6石ラジオにしては聴こえないキット」だとご理解の上で工作ください。

他のトランジスタラジオキットもblogにupしてありますので、 参考にされてください。

********************************

003

WEB上で手にいれた1000円ラジオです。中国製ラジオ キット。(今は777円??)

6石スーパーです。開梱しました。
部品はごちゃまぜなのが、大陸らしさを表現しています。

ケースへのシルク印刷からすると、型式はS66Dです。

041

ケースの色が派手目の黄色です。⇒「本来のケース」の使用は諦めました。

042

基板↑

043

パターン↑

004

このS66Dは、「イヤホンジャック付」ですが、ジャック方向が2通りあります。

(アンテナコイルは、製造ロットで幾つかのバリエーションがあります)

購入したのは、↑写真のようなモデル

右の黄色が、オリジナルのケース。

「KIT-17」のケースに、この1000円ラジオ入れました。

この6石スーパーは、 6TR-STDと回路構成は同じです。(製造元が同じ)

IFTの配置と電池の配置が6TR-STDとは異なってます。
バーANTとIFTの距離が近くなっていて、電磁界回り込みがあります。

044_2

加えて、アンテナコイルのターン数が5~10多いですね。

減らすとアンテナホルダーとアンテナコイルの隙間が無くなる方向になるので

おいそれとターン数を減らせません。

005

AF段のVRを上げると 廻りこみます。
波形は いまのところ歪んでいます。(最終的に歪みから逃げれませんでした)

ゲインを下げるともっと耳が悪くなるので、バランスが難しいですね。

聴感上も、「軽度の発振」状態なのがわかります。

IFTのQダンプはお薦めしませんね。折角の特性が垂れて、サイドのキレが甘くなります。

(耳も10~15db近く、悪くなります)

いろいろとTRYしましたが、

他の6TRキットよりは、耳が悪いので、TRYは徒労になりました。

①総合的には、電池とANTの配置が??ですね。

②電池をやめて外から安定化電源で3V印加すると 耳がよくなります。

同じ回路構成なのに、
レイアウトの差による「受信感度の違い」を実感した一日です。

006

↑KIT-17に収納。(ケースはこの色の方がベター)

2号機

え~と、1000円ラジオの2号機も造りました。

044

いつものようにTR3,TR4を2SC1815に変えてあります。

抵抗値は1号機、2号機とも同じです。

1号機のスピーカーは変えてあります。(音質が多少改善されます)

1号機と2号機の波形をオシロで比較して見ると

上下の伸びが2台で異なっています。

こういうポイントが、「半導体は面白い」理由です。

耳のよさは
6TR-STD >> 1000円ラジオ


造れば差が判ります。

う~ん、1000円なら買いでしょうか????     

6TR-STD が現在1300円なので、 このS66Dの回り込み具合からすれば、

このラジオキットどうでしょうか、、??、、。

6TR-STDも、S66Dも製造元が同じで流通ルートが違います。

6TR-STDとの「耳の違い」と「音の違い」は、 造ればわかります、、、。

「ヘテロダインですので、組み立てて終了とは為りません」ので、

普通に聞えるように調整してください。

WEBを見ると同じ製造メーカーの「7石トランジスタラジオ」が、eBAYにありますね

*************************************

2012.May,25追記

yahooを見ていると、最近は777円前後で取り扱われているようですね。

shop priceは980円のようです。

もう少し奮発して、KIT9-STDなどのキットの方が、のちのち飽きないと想います。

 ***********************************

自作派のみなさん。 GT管スーパーラジオです

101

105

TOP PAGE

コメント

私もおそらくこれと同じものを2つほど買って2つとも作ってみたのですが、両方とも結局音が出ません。初心者には作りにくいのかもしれないです。

おはようございます。

「鳴らない」ほど酷くはないと想いますが、少し工夫が必要です。

①ラジオ基板をケースから外して、単三電池から遠ざけた状態にする。
 (外部電源で3Vを使った方が好ましいです)
②上記の状態で、IFTの合わせ、バーアンテナの位置合わせをする。
③調整を終えたら、ケースに戻して、ビス留めする。
④付属のSPを、交換する。(これはかなり効果あります)

TR3とTR4は、
元々のトランジスタですとゲイン不足で「鳴らない」ような症状になります。
2SC1815GR等に変えてみてください。
AF段も2SC1815BL等の方が好ましいです。
(電池の金属ケースの影響を受けて、耳が悪いので、TRを変えてゲインを
稼ぐ方法がベターです)

 アドバイスありがとうございました。でも、超初心者にはそれも難しいので、燃えないごみで捨ててしまいました。パーツ構成も回路も同じようなラジオ少年の1300円のを入手し作ってみました。そちらは何故か何の問題もなく鳴りました。
 ただ、あれですね。近所のホームセンターに698円でAM/FMの2バンドラジオが売っているので、何やっているんだろうという気にはなりますが、
 半田付けが好きなので、ホームセンターで売っていたユニバーサル基盤とLEDで半田付けして遊んでいます。

こんばんは。

このラジオキット(S66D)は、実際にあまり薦められませんね。
2石レフレックスでスピーカが鳴る環境でないと、
原形では音が聞えないだろうと想います。
(このキットは、電池のレイアウトが悪くて耳が悪いです)
捨てたのは賢明だと想います。

1300円の6TR-STDを鳴らせられれば
電池管の2R-DCも鳴らせられます。

数多く造ってこそ、腕が上ります。

コメントを投稿

コメントは記事の投稿者が承認するまで表示されません。

ウェブページ

カテゴリ