ラジオ系情報

多種類リンク

Powered by Six Apart

« 2SA1359と2SC3422 でつくる 「6石 トランジスタアンプ SEPP 基板」 | メイン | ClassAA回路「V-Amp」と「C-Amp」の動作原理解釈 »

2022年8月19日 (金)

3石トランジスタsepp アンプ : 3Vで動作する。8kHzの音

先日 まとまった3石アンプ 。

今日は、Freq特性をみた。  この音量(3V供給 : 50mA前後)でオーム則準拠のpower計では50mWに届かない。


YouTube: 3 transistor sepp : supply only 3v sound like this.

この音量で不足であれば6V供給で概ね 倍の強さになった。

3V,3石ではこの音量が限界ぽい(電流は50mA流れる、70mAも流すと音量は上がるが歪みがわかる)

aitendoからは 「3石トランジスタオーディオアンプキット: 6V」が出ているね

3Vで動作するトランジスタアンプ基板 :RK-184でした。

**********************************************

WEBの作例の大半が、「入力上限不明 出力不明」なんだが 出力を計測してるsiteが稀にあった。

Qrp_af

他siteと比してみると 「電源電圧 vs出力」では負けていないようだ。 

*************************************************

歴史的には 下映像は1959年誠文堂からの刊行本。  seppは64年ほどの歴史がある。往時15歳であれば概ね傘寿を迎える。 

 

Sepp

CR値は1973年前後にe系列 に変わっている。変更前後には解説記事もトラ技に出ていた。

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://app.dcnblog.jp/t/trackback/549708/34251828

3石トランジスタsepp アンプ : 3Vで動作する。8kHzの音を参照しているブログ:

コメント

コメントを投稿

コメントは記事の投稿者が承認するまで表示されません。

ウェブページ

カテゴリ