ラジオ系情報

多種類リンク

Powered by Six Apart

« TDA1572で聴く 50MHz AM。 RFスピーチプロセッサー | メイン | 6石ラジオアンプ :SEPP   »

2021年9月17日 (金)

6石ラジオアンプ :2SC1815+2SA1015のSEPP :トランジスタアンプ

ラジオ用アンプの話題です。トランジスタアンプです。

元来ラジオ工作派ですので、メインアンプ、プリアンプのターゲット入力値の変遷を理解しえていない。FM/AMチューナーからの出力100mV時代が青春期だったので、昨今のチューナ出力500mV時代には設計思想が追い付かないですね。

 スマホ、MP3プレーヤーのAF AMPはICが使われおり出力36mW,72mWが目立つ。ヘッドフォーンの入力は40mW,100mW,300mWとラインナップされている。300mWなんてのMAX POWERで聴くと耳が壊れて医者の世話になる。鼻から血がでると思う。難聴になりたければ大入力で鳴らすこと。  

スマホの音声をVTVMでみるとMAX 10mV前後であり、VRセンターだと概ね5mVくらいだ。この数値を入力標準としてsepp ampを製作してみた。 所謂 ミニワッターが入力0.5v~1Vを前提にしているので、本回路は「プリアンプ+ミニワッターの構成」になる。ミニワッターより小信号入力で考えてある。

ラジオでは検波出力が10mVで考えることが多く似た入力値なので、オイラはラジオアンプと呼んでいる。

*********************************************************************

先日のラジオアンプの量産基板が届いたので、確認した。音源はスマホ。音源でのVRは5分ほどにして直にいれる。

6石ラジオアンプ :鳴らしてみた1


YouTube: 6石ラジオアンプ :鳴らしてみた1

6石ラジオアンプ :鳴らしてみた2
YouTube: 6石ラジオアンプ :鳴らしてみた2

6V駆動なので出力は280mW前後。自室でのBGM用にほど良い音量になる。「2SC1815+2SA1015のSEPP」でこの音になる。2SC1815は優れたTRだ。

仮に9Vならば0.6Wは出るが石を変えないままだと焼損直前の動作になると思う。4.5V駆動ならば130mW前後。3V駆動ならば70mW前後となるので、供給電源には6Vは必要。 設計電圧と異なる電圧での使用時にはバイアスを変更のこと。 3Vで500mW出力にするにはトランジスタを多数配置するしかないが、そりゃICで回路化した方が小型になる。

SEPPは電圧が低いと電圧の壁?によって制約がでてきてしまう。これは「実用トランジスター回路図集」のプロエンジニアからの説明を読めば理解できる。そういう技術面のことを抜け落としたwebが主流なので、恐らくは古書を読んでいないと推測できる。「3行しか文章理解できない層が1/3」なので、論理レスのものが持て囃されて、結果はお馬鹿だけの群れになる。

 

P1010033

P1010036

P1010042

ミニワッター用のパワー計をつくってみた。
YouTube: ミニワッター用のパワー計をつくってみた。

測定上限は1.5w。 8オームsp端の電圧が生じるので、交流に対してオームの法則が成立する前提で、回路化した。オームの法則は直流しかない時代の産物。「交流にたいして成立するか?」を学校で学んできましたか?

***********************************************************

6石ラジオアンプキット(トランジスタアンプキット)  :電源は6V.

P1010052

・入力値 15mv(600オーム)なので オームの法則が成立すればinput powerは0.000000375W (0.000375mW)と算出される。これが増幅されて280mW出力になれば、power gainは59dB(約70万倍).(計算を間違えている????)

************************************************************

下の回路で実測280mW前後と図示されている。

Sepp

「東芝のラジオ RP-80 」 が300mW出力なので、一般的には300mWだせれば充分。TA7613もそれなりの出力だ。

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://app.dcnblog.jp/t/trackback/549708/34237168

6石ラジオアンプ :2SC1815+2SA1015のSEPP :トランジスタアンプ を参照しているブログ:

コメント

コメントを投稿

コメントは記事の投稿者が承認するまで表示されません。

ウェブページ

カテゴリ