ラジオ系情報

多種類リンク

Powered by Six Apart

« 7Q7のラジオ回路図。先日のロクタル管ラジオ回路図。 | メイン | もの造りが終焉した日本国とエンジニアの熟度 :整備済みと偽称したラジオ »

2021年5月13日 (木)

東芝ICでつくる「中波シンプルラジオ」 (single chip am radio receiver) :RK-128

スーパーヘテロダインでaf部内蔵のicを採用したラジオをone IC radioと呼称する。

「ラジオic+af ic」の「2つICを使ったラジオをone ic radioと呼んでいる記事もある」が、そりゃ間違い。ご注意くださいね。

その「オールイン」タイプのICで有名なのはta7613. これはJH1FCZ氏が多用していたラジオICである。 次に知られているのはsony CXAシリーズだろう。これらはトランジスタ検波を内包している。

********************************************************************

「オールイン」タイプで同期検波ものがTA7641。 昨日ようやくR値も定まった。 IFTのQあるいは検波コイルのQを下げて使うのが推奨されている。データシートの330オームはその目的の為に配置されている。


YouTube: 東芝ta7641のone ic radio 。 3月13日朝の入感状況

リミッターが効く程度の信号強さがあればよく聞こえる。このフィーリングを包絡線検波では味わえない。味付けは同期検波IC TDA4001とは違うのは、設計思想の差異から生じている。

sanyoから似たICがリリースされていないか??? と調べている。

TA7641は1978年の登場らしい。1979年にはTA7641搭載の東芝ラジオRP-86が登場している。このICではAFの歪率が他型番よりやや高い。 samsungからta7641コンパチがリリースされている。両者では流通価格での差はない。

Rk12803

Rk12804_2

RK-128に為る。

************************************************************

NE555でPWMでAM生成させたら、こんな音になって電波で飛んだ。2019年12月に公開済み。


YouTube: pwm transmitter : using ne555 for mw radio.

CRによる発振なのでFREQがふらつくのが聴感でも判る。 このフラツキないのを計画中。

*****************************************************************

オイラの本業は自動機の機械設計屋。 人減らしに貢献する業種。

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://app.dcnblog.jp/t/trackback/549708/34228018

東芝ICでつくる「中波シンプルラジオ」 (single chip am radio receiver) :RK-128を参照しているブログ:

コメント

コメントを投稿

コメントは記事の投稿者が承認するまで表示されません。

ウェブページ

カテゴリ