ラジオ系情報

多種類リンク

Powered by Six Apart

« 不思議な「整備品ラジオ」: 2 | メイン | 「カトーレック株式会社」 って会社が代理人落札してきた。於:yahooオークックション »

2021年2月24日 (水)

bluetoothのノイズとdc流出。

Bluetoothの用語を初めて聞いたのは1999年10月のことだ。往時日本にはそれに準拠したものが上陸していないが、仕事柄必要な基礎知識なのでイメージだけ持っていた。

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

dc流出するダイレクトドライブスピーカー方式で、オイラの手もとには、1959年刊行の67ページの回路がある。

P1010062

P1010059

「スピーカーにはdcを掛けない」なんて妄信なわけですね。上述回路では20mA前後はスピーカに流れる。 少なくとも日本では1959年から既知です。

 後述してあるが近年のICでは125mW程度はもろにdcが来ても不思議ではない。そこでラジオ真空管のグリッドが痛まない方法を考えると、RK-40に落ちついた訳です。

*************************************************************

microchip社のbluetoothは、ダイレクトスピーカー式になっている。型番

Is1080301

・dcストッパーコンデンサーを使わないので、dcは流れ出る。

・このダイレクトドライブスピーカー式がmdプレーヤーに登場して30年経過した。この時にトランジスタ技術にダイレクトドライブIC使用した記事が登場している。

・2010年生まれならばダイレクトドライブアンプICを知らなくても不自然ではないが、戦後生まれがトラ技の記事すら知らず、dc流出の事実を知らんはかなり拙い。

*****************************************************************

bluetoothのポピュラーICであるBK3254で確認した。

PDFをを見ると2015年のリリースだと判る。

このICに関しての製品を販売しているSITEはここ

View

・dog timerがクオーツ用クロックを使っているので高次が上がってくる。ラジオ向けにはノイズ要注意。電波で飛んでいるのでわかりますね。時計用クオーツを実用化したのは精工舎(現エプソン)です。

・レギュレータICのスイッチングによる高次高調波はVHF帯でも確認できる。bluetooth ICの動作クロック(10MHz~30MHz)は高次高調波が2.4GHz帯にまで及ぶため、Bluetooth信号に対してノイズとなります。

 

******************************************************************

1991年発売のダイレクトスピーカー式audio amp 。 これはmdプレーヤー時代のもの。made in japan。このICはトランジスタ技術1992年で紹介されている。もう30年経過した。

Direct_drive3

Direct_drive4

*******************************************************************

「スマホ32オーム用 ダイレクトドライブic」では、例えば これ

サイズは3mm x 3mmのQFN16L。ダイレクトドライブだからコンデンサーは使っていない。ダイレクトドライブがセールスポイントになっている。

011

Photo

 

確実にdc出力されることはデータシートから判る。コンデンサーの投影面積がICの1/2にもなるので、わざわざとコンデンサーは入れない。テキサスはDCブロックコンデンサーを入れるのを推奨回路にしている。

dc出力される音源とどうやって接続しているのか? も気になるところだ。テスターの電流計でもスマホ端から何か流出しているのが確認できる。

戦前生まれならばダイレクトドライブアンプICを知らなくても不自然ではないが、戦後生まれがトラ技の記事すら知らんのは拙い。 「dcストッパーコンデンサーレス」ICに対応させて真空管ラジオのPUをまとめるようにお願いします。

普及しはじめたデジタルスピーカーはDCをがんがんと流します。コンデンサ-が介在すると駆動できないね。

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://app.dcnblog.jp/t/trackback/549708/34224381

bluetoothのノイズとdc流出。を参照しているブログ:

コメント

コメントを投稿

コメントは記事の投稿者が承認するまで表示されません。

ウェブページ

カテゴリ