Powered by Six Apart

« コロナでは 「入院患者数だけをカウントする方向で調整中」 | メイン | ジョイコンドリフト ⇒ 任天堂での生産技術部が機能していない証。 »

2020年9月23日 (水)

IFT周りの配線 NG例・

IFT周辺で455KC信号がシャーシーに吸われている配線例。NG例。

結果、耳の悪いラジオが出来上がる。 つまり感度悪いラジオを造る方法のひとつですね。

Ng5

問 :ヒーター線をシャーシーに這わせる理由は何でしょうか?

問 :455KC信号線をシャーシに這わせるとどうなりますか? 上の回答がヒントになります。




・定量計測はやや難しいが、写真のように配線すると4~6dBほどは感度が落ちる。「金属でできた板がノイズを吸い取るのと同じ」原理で、 その金属板はシールド板と呼ばれてますね。  真空管ラジオは5面金属なので、高周波エネルギーを吸い取るシールドに囲まれた状態ですね。

・455KC信号線をシールド板に密接させりゃ、貴重な信号(エネルギー)は吸われます。これを知らない大人はオツムが悪すぎます。 

*****************************************************************

鉄則:配線の浮動容量起因でゲインが減るのを極力さける。 ⇒ ここに公開済み。

信号配線をシャーシーに密着させないことは、NHKのラジオ教科書にも明示あるのでビギナー向け基本のひとつ。

**********************************************************

データ測定が困難なので実施していないが、 電線をシャーシと密にすると、電線のインピーダンスが大きくなることを経験している。AUDIO系ではシャーシーとの空間を確保した配線が主流だが、インピーダンス上それは正しい手法だ。

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://app.dcnblog.jp/t/trackback/549708/34216845

IFT周りの配線 NG例・を参照しているブログ:

コメント

コメントを投稿

コメントは記事の投稿者が承認するまで表示されません。

ウェブページ

カテゴリ