Powered by Six Apart

« 住友軽金属工業 | メイン | 真空管ラジオ 5球スーパー整備済み   »

2019年10月 2日 (水)

FCZ研の 「RX-504 50MHz AM受信機」

*****************

JH1FCZ 大久保OMの開発品 「RX-504」の記事を眺めている。刊行物になる。

TDA1083(TA7613 , HA12402)の「IF段+AM検波+AF」を使ったシングルスーパー。ΔFを広げすぎると周波数合わせにややつらい場合がある。

・「RX-504の 感度では 50MHz  SSG=0udBV 15%MOD が入感する」とある。RJX-601並みだ。 

実際にラジオIC感度では TDA1083 > LA1600 になった。 8~10dB近い感度差が確認できる。 感度良くてAF内蔵と小型化向けICだ。

・LA1600を親としたクリコン式50MHz受信機はRK-60で領布中。このRK-60はRX-504同様にRJX-601並み感度だ。BFOはon/off式の注入なのでCWも聞こえる。もちろんセラミックフィルターは現行流通品では優秀なW55Hを使っている。

18

記事中の大久保OM 曰く「このIC( HA12402)はラジオ用のICですが中々使いやすいものでまさにスーパマン的です」

HA12402での受信機は感度出過ぎで使い辛いようにも思っている。

**************************

・オイラも RK-63をまとめてみて、「オール イン ワン」の使い易さも体験できた。2nd IFT利用でプロダクト検波も行う 小型基板になった。SSG= 2udBV で (S+N)/N=10dB。

・7MHzでは0udBV信号も入感する。DPであればアッテネーターを30dBほど入れて受信する必要がある。

Rk63002

感度良すぎるのでくれぐれも注意してください。

このRK-63にクリコンを付ければAM/CW/SSBの受信機になる。 クリコン基板はRK-53の基板ナンバーで領布中。

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://app.dcnblog.jp/t/trackback/549708/34192039

FCZ研の 「RX-504 50MHz AM受信機」を参照しているブログ:

コメント

コメントを投稿

コメントは記事の投稿者が承認するまで表示されません。

ウェブページ

カテゴリ