Powered by Six Apart

« ラジオカウンター  「受信機の発振回路部に影響が出ないように信号(電波)を貰う」(再掲) | メイン | 今日のfedex便に載れるか? »

2019年7月15日 (月)

LM3080の特性確認中。

********************

AN829compの次は、LM3080にしてみた。

023

1, 入力上限(出力上限)等がいまいち判りかねたので、LM3080単体で通電してみた。

およそ10mVほど入れた。 これ以上だと波形クリップした。

022

・素のゲインとして45dBほど. ⇒ 前段アンプを入れてもゲイン10dBほどでよいように想う。

・出力上限は2.2V (9V乾電池駆動) ⇒ 入力上限は9mV近傍。

・コントロール端子は電流制御のようだ。AN829と同じ制御では駄目だった。

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://app.dcnblog.jp/t/trackback/549708/34184901

LM3080の特性確認中。を参照しているブログ:

コメント

コメントを投稿

コメントは記事の投稿者が承認するまで表示されません。

ウェブページ

カテゴリ