Powered by Six Apart

« | メイン | 短波AMワイヤレスマイクキット (自作) を領布中 。 »

2019年7月17日 (水)

CA3028(TA7045)をIFに使う。

PCBWAYから航空便で基板が届いた。

CA3028(TA7045)は前回dbmとしてdsb-txに使った。

amは無理だったがdsbには使えた。ケンプロのkp-12aではta7045を使っている。 しかしkp-12aの動作点ではやや難があることを確認できている。

ca3028の出力波形。 およそ9dBのゲインが取れた。この定数ではこれ以上は無理のようだ。

SSB復調の確認時、4番ピンにコンデンサなしでゲインはゼロだったので、ゲイン9dB(4番ピンはコンデンサーあり)は妥当だろう。

このままでは10dBはむりだろう。電源電圧5V⇒9Vの変化で1割弱の出力増加だった。 まあ、6.6Vも掛かっていれば大丈夫だ。

P1010018

P1010021

回路を変えてみた。

20dBほど取れる。

P1010026

 この動作点にしたい。

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://app.dcnblog.jp/t/trackback/549708/34185911

CA3028(TA7045)をIFに使う。を参照しているブログ:

コメント

コメントを投稿

コメントは記事の投稿者が承認するまで表示されません。

ウェブページ

カテゴリ