Powered by Six Apart

« 3端子レギュレータの実力を波形で確認。整流リップルは減少するか?(再掲) | メイン | AMh変調 ワイヤレスマイク基板 キット (自作):中波帯、短波帯。 »

2019年5月 9日 (木)

短波ラジオ向け AM ワイヤレスマイクキット。

465476e3c1c6131154c654a4c6e108da

*************************

①LCによるosc波形(自励)。

S042004

②AM変調波形。 綺麗だ。NE612より綺麗だ。

VR-MAX時、1.2mV入力で過変調になる。 

S042006

③真空管ラジオで受信してみた。 至って普通に聴こえてくる。

飛びはアンテナ次第だ。finalに電流を沢山流すと飛び過ぎになるので軽い動作でお願いします。M28Sは100mA程度流せるので、軽い動作でお願いします。 

短波なので室内ノイズが少ない。SNよく聞きたい場合には短波帯はgoodだろう。

S042007

ケースに入れてみた。

S042008

基板キット。

S042010

くれぐれも飛び過ぎに注意願います。

Ans01

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://app.dcnblog.jp/t/trackback/549708/34178370

短波ラジオ向け AM ワイヤレスマイクキット。を参照しているブログ:

コメント

コメントを投稿

コメントは記事の投稿者が承認するまで表示されません。

ウェブページ

カテゴリ