Powered by Six Apart

« 超再生式検波受信基板でも 作動確認できた。 | メイン | ダブルスーパーの「typeⅡ」作図した。高周波増幅ut(IC)は外部LC負荷. »

2019年3月 4日 (月)

超再生式検波受信基板が完成。 

***********************

クエンチング発振具合。

Geney01

基板サイズは 80 x26 くらい。

Geney03

SGで入れたら、この周波数に合っていた。

Geney04

50MHzに合わせた。

Geney05

コイルは基板の影響を受けてやや低めで共振する。 ノウハウとしては少なめに巻くこと。

感度はC5に依存する。

Geney06

超再生式検波受信機としてまとまった。

「超再生」による感度増は20~23dB。 ダイオード検波前段に高周波増幅を1段入れた程度の感度。 刊行印刷物にはもっととれそうなニュアンスがあるが、数値を明示したもの、つまり測定したものはほぼない。

RFワールドに数値明示がある程度の研究状態らしい。

大学の論文にはギガ帯で38dBとあったが、1つのトランジスタ増幅度上限がほぼ40dBなので、その論文の数値は信頼できる。

超再生には過度の期待をしないこと。 ヘテロダイン式の方がはるかに感度良い。 広域で受信できるので無線用には固定コンデンサーで支障ない。

AM/FMともに聴こえるのは矢張り凄い。 FCZ氏が紹介していたクエンチングノイズカット回路は効果が凄い。

Geney07

******************

以上。

通算281作例。

基板ナンバーRK-46。 3月10日から領布します。

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://app.dcnblog.jp/t/trackback/549708/34171512

超再生式検波受信基板が完成。 を参照しているブログ:

コメント

コメントを投稿

コメントは記事の投稿者が承認するまで表示されません。

ウェブページ

カテゴリ