Powered by Six Apart

« レオパレス。 | メイン | NJM2035を使ってみよう:FM帯。入力上限3mVのICでした。 »

2019年2月 9日 (土)

NJM2035を使ってみよう:FM帯。

******************

FM帯でのステレオTX用ICではNJM2035が入手しやすい。

030_2

データシート記載のようにLCトラップを19kHzに合わせる必要がある。peakで合わせるか? bottomで合わせるか? 。  

信号がおよそ32dBほど減衰している。減衰するし、上下周波数での減衰を判り辛い。 RFのBPFとは全く違う。

032

 ◇◇

データシートでは「57kHzのLPF」とあるが80kHz近傍で-3dB点になる。 データシートの値では無理だと判明した。 「またか、、やられた」と想う。JRCはこういうことに遭遇するね。

19kHz x 3 =57kHzになるので3次高調波の減衰が必要らしい。

033

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://app.dcnblog.jp/t/trackback/549708/34168999

NJM2035を使ってみよう:FM帯。を参照しているブログ:

コメント

コメントを投稿

コメントは記事の投稿者が承認するまで表示されません。

ウェブページ

カテゴリ