ラジオ系情報

Powered by Six Apart

« トランジスタラジオ自作:  回路定数。まあまあ作動中。 | メイン | TA7320でトランスミッターをトライ中。 »

2019年2月 2日 (土)

トランジスタラジオ自作: 発振強度1.55Vネライ。

*********************

「自作のトランジスタ3石+1ICラジオ」の定数がほぼ定まった。 

TRのhfeバラツキがあるがosc強さを1.50v上限にするのがgoodだ。そうなるように抵抗で合わせる。

2vだと回り込む。 バーアンテナとoscコイル間距離が近いと発振強度は下げる必要がある。

感度も出てきて、まずはほっとした。

001

バンド下端~上端で、0.8v~1.50vにOSC強さが収まるように抵抗を選ぶのがポイント。

欲を云えば、1.1Vが上限。

003

、、と、OSCコイルのリバースを訂正して、結線間違いはない。しかし、サトー電気販売のOSCコイルが中華製品とはリバースだ。 タップ位置もセンターに近く、発振ピークがバンド中心にくる。

OSCコイルは、販売元によって中味が違う

①KURA電気

②サトー電気

③マルツ   

のうち、オイラは KURA電気取り扱いOSCコイルで作図している。 

KURA電子のコイル使用であれば、回路結線の変更はない。

P1010035

インジケーターも点灯するが、やや鈍い。4.7uFだとチャージに時間が掛かる。0.1uF程度が良い。

002

 ケミコンの0.1uFの入手性がよければ、 インジケータの0.1uFはケミコンのままにしたいが、どうも生産終了品らしい。

**********************

OSCコイルの結線差異。

004_2

次はkuraのoscコイルで確認する。

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://app.dcnblog.jp/t/trackback/549708/34168212

トランジスタラジオ自作: 発振強度1.55Vネライ。を参照しているブログ:

コメント

コメントを投稿

コメントは記事の投稿者が承認するまで表示されません。

ウェブページ

カテゴリ