ラジオ系情報

Powered by Six Apart

« 真空封印型水晶振動子(100kHz) を使ったマーカー、 電波でとばしてみた。 | メイン | トランジスタラジオ自作:  回路定数。 »

2019年1月27日 (日)

トランジスタ ミニラジオ基板。

***************************

ミニラジオシリーズの第4弾は、トランジスタ式ラジオ。

古典的な回路に ledインジケータを載せている。

075

OSC強度を確認しているが、「赤OSCコイルの発振特性って、こんな感じだったか?」と やや??。 タップ位置が低めの気配だ。

回路形は「古典的回路+2p3キット」。

バイアス系は古典的形にして、SFU455の使い方は2P3同様にした。とりあえず2P3キットと同じ抵抗値にしたが、動作点が異なるしOSCが強い。キットでは 1st IFT にダンパー抵抗がついている理由はここにあったね。

077

一応鳴るが、よい抵抗値に追い込めてはいない。

チューニングLEDも点灯した。

076

おいおいと追いこむ。 

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://app.dcnblog.jp/t/trackback/549708/34167571

トランジスタ ミニラジオ基板。を参照しているブログ:

コメント

コメントを投稿

コメントは記事の投稿者が承認するまで表示されません。

ウェブページ

カテゴリ