Powered by Six Apart

« ダブルスーパー。VHF向け。 | メイン | 真空封印型水晶振動子(100kHz) を使ったマーカー、 電波でとばしてみた。 »

2019年1月26日 (土)

真空封印型水晶振動子(100kHz) を使ったマーカー。

マーカーではすでに、

①100kc  マーカー ver2   ⇒ RK-10  (twin-osc)

②455kHzマーカー(TR式)   ⇒ RK-07

③455kHzマーカー(NE612) ⇒ RK-30

の3種類を基板化してきた。

今日は、水晶振動子に真空管タイプを使って100kHzマーカーにトライした。同一周波数であれば、振動子の周波数安定度は体積に比例するので、デカイものは有利になる。 その意味では音叉型より2桁~3桁ほど安定度がよくなるのだが、詳しいことはクリスタルメーカーさんがよくご存知だ。

063

064

061

062

、、、と大まかな作動は掴んだ。高次高調波を使うので、osc部でももっと歪ませてみたい。osc強度を上げると2倍の200kHzや3倍で作動ししまうので、ほどほどの強さにするのが製作上のポイントだ。

066

過去のOSC経験から、写真の小型のトリマータイプ(5mm径タイプ)はQが低くて、単独ではOSC作動に使うのに腰が引ける。フィリップストリマーであれば余裕でOSCできるが、現流通品はちょっとね。

写真タイプ(5mm径) を使う場合には、エポキシモールド品とパラにしてQの低さを誤魔化すことをお薦めする。或いは、フィリップストリマーを入手するか、耐圧500V用トリマーを使うのも良い。

バルブクリスタルの定数は、音叉型とほぼ同じでよさそうだ。

下写真のはOSC不能にならないトリマー群のひとつだ。 aitendoには未だ在庫があると想う。

065

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://app.dcnblog.jp/t/trackback/549708/34167455

真空封印型水晶振動子(100kHz) を使ったマーカー。を参照しているブログ:

コメント

コメントを投稿

コメントは記事の投稿者が承認するまで表示されません。

ウェブページ

カテゴリ