Powered by Six Apart

« 水晶振動子 100khz。音叉型。 | メイン | 「GU-74B×2」の40m モノバンドリニア »

2019年1月14日 (月)

受信部は超再生です。 tx部はdsb-trxと同一。

******************

小型dsb-trxは纏まったので、次のstepは小型am trxだろう。

JH1FCZ 大久保OMのポケトラ(#067)に近いものに為るだろう。受信部はポケトラとは回路が異なる超再生にした。

、、、OSCしてこない。

1,

超再生回路はここで実績のある回路にした。

osc負荷は 空芯コイルでなく fczコイルにしてみたがOSCしない。⇒ Qが低いので駄目???

両面基板だとOSCし難いことを「RK-31」 で経験している。

恐らくコイル仕様だろうと検討をつけている。単品ものであれば手巻きでokであるが、基板配布になると市販品使用にして再現性upしたい。

031

 2,

クエンチングノイズ低減には、JH1FCZ氏の推奨回路を入れてみた。 回路詳細はJH1FCZ執筆本に載っている。本は流通しているので入手することをお薦めする。

032

基板サイズはdsb-trxと同じ。

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://app.dcnblog.jp/t/trackback/549708/34165964

受信部は超再生です。 tx部はdsb-trxと同一。を参照しているブログ:

コメント

コメントを投稿

コメントは記事の投稿者が承認するまで表示されません。

ウェブページ

カテゴリ