Powered by Six Apart

« ソフトバンク で通信障害 | メイン | PCB化中。 »

2018年12月 9日 (日)

回路図を2本。+1本。

F

1、      RNR氏の回路。  

TNX TO JF1RNR

0052、 TA7358が0.15V OUT近傍から 歪むのでTX側を変えたもの。 これを検討中。TA7358自身は5mA消費。DBMでは2mA前後ながれるが やや細い。

MWのTX経験、FMのTX経験から鑑みて、MIC-AMP UTでも4mA程度流さないと受信機から聴こえてくる音がどうしても細い。開発済みのトランジスタ利用のワイヤレスマイク・トランスミッターはその程度流している。 「エネルギー量が小さいと音は貧相になる」事はaudio系での豆知識。

「省エネ重視で貧相な音にする」のは設計思想の範疇。

006

上のは検討中の状態。

・ta7310ならばDBMの6番ピンに4mA流れるのでほどほど良い。(これがTA7310を使う理由)

・9ピン。コイルの2次側Voは0.9vが上限 Vccは6Vはほしい。

・4ピンへの注入は0.3V~0.5Vらしい。図中テスト回路では、オシロ計測時OSCは1V超えだとは想うが、SSGでは0.6V程度まで。 ネライとしては2ピンに0.4V.4ピンに0.35V。 ⇒Voは0.3V

************************

3,試作中のこれ。

008

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://app.dcnblog.jp/t/trackback/549708/34161884

回路図を2本。+1本。を参照しているブログ:

コメント

コメントを投稿

コメントは記事の投稿者が承認するまで表示されません。

ウェブページ

カテゴリ