Powered by Six Apart

« MAX295は 予定数にさきほど達しました。  | メイン | ST管スーパーラジオの自作。真空管ラジオの通算122号機。VR絞ってのノイズ値は0.4mV. »

2018年11月30日 (金)

バーアンテナのコイル巻数比。(於:トランジスタラジオ)

*************************************

バーアンテナのコイル巻数比: 「感度不足」 或いは 「IFゲイン過多」への対応を考える。

092

BAR-ANT.pdfをダウンロード

・上記のように帰還発振は物理的距離にも依存するので、自作時にはレイアウトに注意。

・LPF無しの回路は、「エレキジャック」に回路公開されていた。

・コンパクトラジオ系では、TA2003のようにIFTレスにし帰還発振対応したICもある。SANYO のようにIF段 ゲイン過多をデータシート上で吐露したICもある。

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://app.dcnblog.jp/t/trackback/549708/34160936

バーアンテナのコイル巻数比。(於:トランジスタラジオ)を参照しているブログ:

コメント

コメントを投稿

コメントは記事の投稿者が承認するまで表示されません。

ウェブページ

カテゴリ