Powered by Six Apart

« ツートーン信号発生基板をキットにしました。 | メイン | 「IC+TRラジオキット KIT-16SP」をスーパー化の場合。 »

2018年11月27日 (火)

基板の手配先として PCBWAY と ELECROW。

*****************************

PCBを国内製造していたのは20年前にほぼ終了している。 イビデンやキョーデンのように大企業は残っているが、従業員15人程度の会社は消えてすでにない。

JA7SSB氏設計のマイクコンプレッサー基板(HJ 掲載基板)を大町市のプリント基板製作会社にお願いしたのが32年前。松下通信工業の下請けで、そこそこ売上があった会社だった。 今は無い。

・PCBWAY は 早い。中1日でshippingしてくる。手配後、5~6日目には手元に届く。色は綺麗。半田あげは微妙に粗い。feeとして3ドル必要。10枚オーダーで10枚丁度、時折11枚で届く。FedExなので政局に影響されることなく飛行機は飛ぶ。

・ELECROW.  中4~5日で発送。手配後8~9日で届く。10枚オーダーでも13枚ほど納品してくる。feeはない。ポイントがマルツのように溜まるので、充分お徳だ。 初回オーダー時には5ドル相当のポイントをくれる。OCSは日本の会社なので、中国の政局の影響を受ける。時々中国当局からの嫌がらせで荷物を積み込みできなくなる。それが今年2回あった。関西空港が水没した折には10日間ほど国内で足止めした。

・結論: 急ぎはPCBWAY(航空会社起因の遅延はない),   お徳さではELECROW.

****************************

・プリント基板では、ベタアースが推奨されることが多いが、case by caseだろう。mic-compものでSNを上げたければ一筆書きのアースラインにすること。

MWでは広いランドだとSNが落ちるので注意。ノイズを拾う面積が広いと明確に不利だ。拾ったノイズエネルギーを捨てる必要がある。拾うノイズの大小まで考えてpcb化しなきゃならん。

ノイズがまあまあ上がってこない3.5MHzあたりから、そろりそろりとベタアースかな?。 オイラ的には100MHzあたりからベタだろうと思う。

TA2011S初期回路をあげておく。自作参考にどうぞ。  

TA2011A.pdfをダウンロード

他の回路

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://app.dcnblog.jp/t/trackback/549708/34153366

基板の手配先として PCBWAY と ELECROW。を参照しているブログ:

コメント

コメントを投稿

コメントは記事の投稿者が承認するまで表示されません。

ウェブページ

カテゴリ