Powered by Six Apart

« colt Excalibur SSB | メイン | プロダクト検波(455kHz)のLA1135基板を手配した。 »

2018年11月13日 (火)

AM チューナーIC LA1135ラジオ基板を改良中。 プロダクト検波対応。

***********************

先日のNE612(455kHz でのプロダクト検波実験) の結果を受けて、プロダクト検波のデバイスを換えてみた。

1,

レイアウト図。新デバイスは配置図をみれば判明する。

Photo

2,

注入のRFは、トランジスタ式だと下写真のようになる。(これはここに公開中)

111

ここまでのRF電圧は不要だが、エネルギー量(電圧x電流)としてはほどほど必要。

3,

「NE612で455kHz OSC」になっているが、「TR式だと注入先(負荷)に周波数が引っ張られそうなので、LC同調回路の2次側から入れる必要がありそうだ」 、、と検討中。

********************************

TR式OSCに換えてみた。

LC同調負荷だと納まらない。

Photo_2

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://app.dcnblog.jp/t/trackback/549708/34151595

AM チューナーIC LA1135ラジオ基板を改良中。 プロダクト検波対応。を参照しているブログ:

コメント

コメントを投稿

コメントは記事の投稿者が承認するまで表示されません。

ウェブページ

カテゴリ