Powered by Six Apart

« ウエスティングハウスの6SA7を1 スリーブ調達した。 | メイン | 自作マイクコンプレッサーの第4弾。 voice operated gain adjusting device 。 »

2018年10月16日 (火)

SANYO のAM チューナーIC LA1135を使ったラジオ基板 (短波)が到着した。

************************

2017年5月から机上検討していた LA1135 ラジオ基板のプロトが到着した。

LA1135の評判はよいらしい。通電してみないと実力は不明だ。実際に、前採用のLA1247が WEB評判とはズレテおり、さほど良いラジオICではなかった。

AGC用デバイスを内蔵しきれなかったLA1135. 恐らく市場リリース日がしっかりとFIXしていて、開発陣は身動とれなかったようにオイラは想う。 

018_2

LA1247では AGCレンジがデータシートほどは確保できなかったので、 このLA1135 ラジオ基板には可変ゲインコントロール式のRF AMPを載せてみた。

Ans01

 

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://app.dcnblog.jp/t/trackback/549708/34147902

SANYO のAM チューナーIC LA1135を使ったラジオ基板 (短波)が到着した。を参照しているブログ:

コメント

コメントを投稿

コメントは記事の投稿者が承認するまで表示されません。

ウェブページ

カテゴリ