Powered by Six Apart

« NE612ダイレクトコンバージョン受信基板の領布開始です。 | メイン | DSB発生基板 »

2018年8月 3日 (金)

自作 50MHz AM/SSB レシーバー 基板に通電中。TDA1572。

*************************

006

SFU=470kHzにして通電してみた。RF部の出力側は複同調にしたので。感度はTDA1072基板よりやや劣る。

この入力でも聴こえてきた。 S/(S+N)=10dB時のSSG値は 写真のようになった。

005

◇参考に、TA7613基板でのS/(S+N)=10dB時の スナップ。

132

◇ ◇

感度では TA7613基板(基板ナンバー RK-17)と TDA1572基板は互角のようだ。半導体はHI-BANDで必ず感度低下する。これを含めて考えると、50MHzで3.5MHzと互角な感度になるTDA1572は優秀だ。

****LA1135はLA1137に比べると20MHz近傍から感度低下する。このことはデータシートに明記されている。

出品中の商品はこちら

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://app.dcnblog.jp/t/trackback/549708/34138635

自作 50MHz AM/SSB レシーバー 基板に通電中。TDA1572。を参照しているブログ:

コメント

コメントを投稿

コメントは記事の投稿者が承認するまで表示されません。

ウェブページ

カテゴリ