Powered by Six Apart

« AMエキサイター基板(MC1496)。 DSB用抵抗値で実験。その2。MRX-7Dで受信できた。 | メイン | PCBWAYへ手配の「TDA1072 ラジオ基板」に実装中。 »

2018年5月23日 (水)

昨日に続いて、MC1496を使ったDSBを「TA7320ダイレクトコンバージョン」で受信してみた。

************************

昨日は、マルツのダイレクトコンバージョン受信機(MRX-7D)でDSB波(基板ナンバー RK-16)を確認した。

105

◇◇

今日は、「AMエキサイタ基板」をdsb状態にしてTA7320基板(基板ナンバー RK-8)で確認。

112

はい、普通に音として出てきました。歪んでいるのはTA7368起因だと想う。MRX-7Dではここまで歪まないね。TA7613基板でも同じ傾向なので TA7368はやや動作点が??らしい。  調整道具としてはもっとDSBが弱いのが望ましい。

111

113

「マルツのキット」と「TA7320 基板」の2種でDSBなことを確認できたので、充分OKだ。

*****************

5月27日、追記。

AMとSSBの受信実験中であったTA7613基板がまとまった。 3.5MHz帯で確認できた。

このAMエキサイター基板とTA7613基板を組み合わせるとrig化できる。

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://app.dcnblog.jp/t/trackback/549708/34127580

昨日に続いて、MC1496を使ったDSBを「TA7320ダイレクトコンバージョン」で受信してみた。 を参照しているブログ:

コメント

コメントを投稿

コメントは記事の投稿者が承認するまで表示されません。

ウェブページ

カテゴリ