Powered by Six Apart

« SANYO LA1600 ラジオ基板(初回試作)のAF IC。 | メイン | SANYO LA1600 ラジオ基板(初回試作)。AF ICのゲイン確認。 »

2018年1月12日 (金)

ダイレクトコンバージョンのデバイス。

*****************************************

ダイレクトコンバージョン(TA7320)はジュニア向きに領布中だ。

ギルバートセル方式による増幅具合は、デバイスごとに異なる。マイナスゲインからプラスゲインのものまで様々な「DBM IC」が製造されていることは、すでに皆さんがご存じのことだ。

「アクティブ素子にも関わらずマイナスゲインのDBMを選ぶならば、SBMの方がSN良いのではないか?」とここ数日考えている。

回路図を眺めていくと、ダイレクトコンバージョンとしては、直交ミキサーに何を使うかよって

①DBM 

②SBM

③FET SINGLE MIXER

④PSN

の方式があるだろう。この分類は間違っている可能性が高いが、、。。

下のは、fet single mixerによる基板図。さらっと書いてみた。

fet  single  mixerは千葉OM執筆本にも回路記載ある。サイテック内田OMからも「ラジオの製作」時代の回路図が公開されているので、ラジオ工作派ならば充分に既知だろう。

0113

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://app.dcnblog.jp/t/trackback/549708/34101558

ダイレクトコンバージョンのデバイス。を参照しているブログ:

コメント

コメントを投稿

コメントは記事の投稿者が承認するまで表示されません。

ウェブページ

カテゴリ