Powered by Six Apart

« PIC 16F88ラジオカウンター基板が再入荷。 | メイン | サトー電気さんのダイレクトコンバージョン基板 »

2018年1月 5日 (金)

2バンド GT管ラジオの製作、 その3。通電し短波帯も確認。2バンドタイプの11号機。

Htb1a5nqvxxxxctxvxxq6xxfxxx5

********************************

製作中の「short wave  Hバンドのラジオ」を通電した。2バンドGT管ラジオの第11号機になる。

①中波。

業務用ループアンテナから電波を飛ばし、それを受信して調整。

017

テストループは祐徳電子さんが独自に復活させて販売中だ。大松、松下、目黒等は既に製造終了ゆえに、祐徳さんの品を買う一手しかない。 年に1度ほどyahooで見かけはするが、、、。

web を見ると、ラジオ修理行為にて代価を得ているお方でテストループを所有する割合は低い。JISにラジオ調整について規程されているので、エンジニアならそれは既知である。

②短波帯

018

019

VRを絞ってのVTVM値。3mVレンジで0.3mV近傍と低い。出来すぎのようにも想う。

020

つまみ軸をつけて終了予定。 表示器にJH4ABZ式ラジオカウンターを使っている。

通算236例。 2018年のラジオ1号機になる。

短波が聴こえる自作ラジオ(MT,GT,ST,オクタル)としては通算18台目だ。

021

配線のノウハウとIFTルールはここに記載済み

024

マジックアイは6BR5(露西亜).

023

再生式ラジオはお好きですか?


YouTube: 再生式はいぶりっどラジオ 1-V-2 デジタル表示

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://app.dcnblog.jp/t/trackback/549708/34100654

2バンド GT管ラジオの製作、 その3。通電し短波帯も確認。2バンドタイプの11号機。を参照しているブログ:

コメント

コメントを投稿

コメントは記事の投稿者が承認するまで表示されません。

ウェブページ

カテゴリ