Powered by Six Apart

« SANYO LA1600、、、。実習③と④。基板化作業 | メイン | pic 16f88でラジオ用周波数カウンタ。LA1600ラジオ 向け。 »

2017年12月26日 (火)

半導体式AMトランスミッター基板。 第3弾を検討中。

変調トランスレス変調で、

①6石トランスミッター基板    (製作記) 基板ナンバーRK-04

②7石トランスミッター基板  (製作記) 基板ナンバーRK-06

の2つを興した。ともに泉 弘志先生が「月刊 初歩のラジオ」に寄稿した方法を用いた。

AM変調実験は、AM変調項にて行なってきた。 「低周波信号とSG信号」を加算させたものは、AMラジオで音として聴こえてくることは、確認できている。 検波できるので「加算回路でも変調がのる」と定義してよいのかどうか?。 、、とAM変調は奥が深い。

◇先月のこれの続きだが、試作の基板を製作してみた。 このICの適正入力値を知りたいので基板化してみた。

093

◇半田実装を進めてみた。

094

RFコイルは適切な市販品が無いので,7石トランスミッター基板(RK-06)同様に手巻きになる。

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://app.dcnblog.jp/t/trackback/549708/34099334

半導体式AMトランスミッター基板。 第3弾を検討中。を参照しているブログ:

コメント

コメントを投稿

コメントは記事の投稿者が承認するまで表示されません。

ウェブページ

カテゴリ