Powered by Six Apart

« LA1135です。AMラジオ専用ICです。 | メイン | lesson中 »

2017年5月18日 (木)

大塚OMの「変調の理論と設計」

やったね安倍先生。

2017年の重税国家ランキングで2位ゲット。

5: IRELAND
4: FINLAND
3: UNITED KINGDOM
2: JAPAN
1: ARUBA

P4が金メダルなので実質日本が1位だ。欧州より重税だが福祉が欧州より良いかどうかは社会人ならわかるだろう。

*****************************************

変調のバイブルとも呼ばれた大塚OMの「変調の理論と設計」を手に入れた。

A3全盛期の「昭和39年7月10日刊行」とある。

P1010011

雑誌・WEBでみる製作記事だと今一つはっきりしにくかった理論がここに載っていた。変調方式で名は聞くが構成回路が?だったものが幾つか載っていた。手に入れることが出来、嬉しい。

A3派は必見だろう。 まだまだ大塚OMの著作権の及ぶ期間だと想う。

2、次に真空管時代のFM変調を学ぶ最適な本「FM入門」だ。

P1010012

「AM-C変調だと大きな位相変調を得るのは困難」と載っていた。オイラも実体験でそう想っていたので、ウンウンと頷いていた。

次のFMワイヤレスマイクのヒントは学ばさせて頂いた。多謝です。

以上2冊をご紹介した。

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://app.dcnblog.jp/t/trackback/549708/34061391

大塚OMの「変調の理論と設計」を参照しているブログ:

コメント

コメントを投稿

コメントは記事の投稿者が承認するまで表示されません。

カテゴリ