Powered by Six Apart

« 秋も訪れた早春賦。 | メイン | ガラスの6SK7。 (6SK7-GT) »

2016年9月17日 (土)

ガラス管の6SA7と6SQ7,6C5。 ワイヤレスマイク。

例の溜まっている液体は水のようなもので強アルカリ。

  「TVでデジタル測定器で測ってたが、11.25だったよ」。とtv動画で流れていた。水とは言えんな、水溶液のレベルだ。

とある理由のために「石灰を撒いている」らしい。 さてその理由は??

設計したのは日建。

仕様を決めたのは、「中央卸売市場新市場整備部施設整備課の課長」 で公務員さまや。

土建屋さんは図面通りに施行しただけのこと。

砒素は体に溜まるからね。

************************************

GT管の入手性がまたまた厳しくなってきた。 う~ん、個人輸入を考えなきゃいかんか??

1年前より3割ほど価格がUPしている。参ったな。

ラジオマイクで使う6SA7と6SQ7が苦しいね。

今朝、ささっとまとめてみた。

051

052

6SA7のガラス管とメタル管では、歴史的にはメタル管が古い。

OSC具合はメタル管のほうが強い。

********************

通算198作目。

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://app.dcnblog.jp/t/trackback/549708/33939167

ガラス管の6SA7と6SQ7,6C5。 ワイヤレスマイク。を参照しているブログ:

コメント

コメントを投稿

コメントは記事の投稿者が承認するまで表示されません。

ウェブページ

カテゴリ