Powered by Six Apart

« ラジオ工作  ST管 6WC5 短波帯OSCコイル   6Z-P1 2.2MHz~6.2Mhz | メイン | Heath kit receiver  HR-10B ハムバンド受信機  6BJ7 6EB8 »

2016年4月10日 (日)

ラジオ工作  ST管 6WC5 短波帯OSCコイル 1.5MHz~4.5Mhz バンド区分E

まあパナマ文書によって

日本人による「消費税相当のゼニが毎年、毎年 飛ばされた先で蓄えられてきていること」が判るだろう。

以下、名言を拾った。

>安倍が意図的に市場に介入しなければ、市場は「円高」に向かうってことがな。
>しかし、安倍は、何のために市場介入して「円安」にしようとしてるんだ

>「安倍は、日本の経済を意図的に破壊しようとしてる」

*********************************

前記のように2.2~6.2MHzでは 該当するバンド区分がない。

上へ持ち上げるか?

下へ下げるか?

前記のようにタップ点が浅めだったので、25%位置にタップ点が来るように手巻きした。

古書だと1/2~1/3にタップ位置がくるようにアドバイスがある。3極管でoscさせる場合ならその比でよいが、7極管はもう少し浅めがgood。

019

短波の下側は1.5MHz。

020

上は4.9Mhz。

021

バンド区分Eに相当するようになった。

これで6WC5,6SA7のOSCコイルタップ点をノウハウとして会得した。

***********************************

短波の区分

Aバンド 535~1611kHz

Bバンド  3.5-10MHz

Cバンド  6-18MHz

Dバンド  8-23MHz

Eバンド  1.5-4.4MHz ⇒ 本st管ラジオ

Gバンド  11-30MHz

Hバンド  3.5-7.5MHz  ⇔オイラが時折、出品するGT管ラジオ

Iバンド   7.5-15MHz

Jバンド   15-30MHz

026

027

021_2

出品中の商品はこちら

024

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://app.dcnblog.jp/t/trackback/549708/33793203

ラジオ工作  ST管 6WC5 短波帯OSCコイル 1.5MHz~4.5Mhz バンド区分Eを参照しているブログ:

コメント

コメントを投稿

コメントは記事の投稿者が承認するまで表示されません。

ウェブページ

カテゴリ